ヒラメ釣りのエレベーター仕掛け

ヒラメ釣り マゴチ釣り

ヒラメ釣りのエレベーター仕掛け

ヒラメ釣りのエレベーター仕掛けについてご紹介しています。

 

泳がせ釣りには、このような釣り方もあります。

 

主に関西でよく行われています。

 

エダスがスナップサルカンで引っかけてあるだけなので、エレベータのように上下に自由に動くため、このような名前が付いています。

 

仕掛けが着底してからエサである小魚を落とし込みますので、小魚が弱りにくいというメリットがあります。

 

 

エレベーター仕掛けは、次のとおりです。

 

ヒラメ釣り エレベータ仕掛け

 

竿

投げ竿や万能竿、ルアーロッドなどが使われます。

 

竿の長さは短くても構いません。

 

 

 

 

 

リール・ライン

キャストしますので、スピニングリールがおすすめです。

 

2000〜4000番クラスが適しています。

 

ドラグ付きにします。

 

ラインは、ナイロンの3〜6号を使います。

 

PEでも構いません。

 

 

 

 

 

ハリス・針

エダスのハリスは、2〜3号を1m前後にします。

 

針はセイゴ針の13号を使います。

 

針の大きさは、ヒラメのサイズで決めます。

 

 

オモリ

オモリは、20〜30号を使います。

 

潮の流れなどによっては、もっと重いオモリを使うこともあります。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ヒラメの釣り方 泳がせ釣り・エレベータ仕掛け

ホーム