ヒラメ釣りのエサと付け方

マゴチ釣り マゴチ釣り

ヒラメ釣りのエサと付け方

ヒラメ釣りのエサと付け方についてご紹介しています。

 

ヒラメ釣りのエサ

ヒラメは、生きたエサでないと釣れないとよく言われます。

 

実際、必ずしもそうとは言えません。

 

死んだエサでも十分釣れます。

 

ただ、個人的には生きたエサの方をおすすめします。

 

食いがよいように感じます。

 

 

では、生きたエサの中ではどのようなエサがよいのでしょうか?

 

次のような魚がよく使われます。

 

  • イワシ
  • アジ
  • サバ
  • キス

 

など

 

ヒラメ釣り 餌 付け方

 

 

イワシの人気が高いです。

 

アジやキスを先に釣ってから、その後にヒラメ釣りをするという方法もあります。

 

とにかく、活きが良い魚を使った方がよいです。

 

 

ヒラメは、魚食性の魚です。

 

虫エサは食わないと言われています。

 

しかし、小型のヒラメを虫エサで釣ったという話を聞いたことがあります。

 

そのため、絶対に虫エサでは食わないとまでは言い切れません。

 

ただ、生きた魚で釣るのが無難です。

 

 

ちなみに、当サイトで掲載している生きた魚を使う釣り方には、イワシかアジがおすすめです。

 

それぞれのページでは、エサや魚としか記載していません。

 

スポンサーリンク

 

 

ヒラメ釣りのエサの付け方

生きた魚に、どのように針を付ければよいのでしょうか?

 

次のように、針を付けます。

 

 

ヒラメ釣り 餌 付け方

 

上あごに針を掛けます。

 

 

 

ヒラメ釣り 餌 付け方

 

鼻に針を掛けます。

 

これらは、よく使われる方法です。

 

 

 

ヒラメ釣り 餌 付け方

 

親針は上あご掛け、孫針は腹掛けにします。

 

 

 

ヒラメ釣り 餌 付け方

 

親針は上あご掛け、孫針は背掛けにします。

 

 

 

ヒラメ釣り 餌 付け方

 

親針は鼻掛け、孫針は腹掛けにします。

 

 

 

ヒラメ釣り 餌 付け方

 

親針は鼻掛け、孫針は背掛けにします。

 

 

 

針のかけ方は、他にもいろいろとあります。

 

必ずしも、どれが1番よいとは言えません。

 

針がかりさせる確率を上げたいのなら、2点掛けの方がよいでしょう。

 

大きな魚をエサにするのなら、2点掛けにします。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ヒラメ釣りのサーフでのルアー仕掛け

ホーム