ヒラメの釣り方 泳がせ釣り・エレベータ仕掛けの釣り方

ヒラメ釣り マゴチ釣り

ヒラメの釣り方 泳がせ釣り・エレベータ仕掛けの釣り方

ヒラメの泳がせ釣りとエレベータ仕掛けの釣り方についてご紹介しています。

 

仕掛けは、若干異なりますが、基本的な釣り方はほとんど同じです。

 

 

仕掛けをキャストする

キャストすると言っても、遠投するわけではありません。

 

エサが生きたアジなどの小魚だけに、遠投は難しいです。

 

そのようなことをすれば、針から外れたり、魚が弱ってしまいます。

 

軽くキャスト(ちょい投げ)します。

 

 

泳がせ釣りは、エサを付けたまま投げます。

 

しかし、エレベータ仕掛けは違います。

 

まず、オモリだけをキャストします。

 

着底して、糸ふけを取った後、エサが付いたスナップサルカンを道糸に引っかけて滑り落とすだけです。

 

あとは、エサの小魚がいろいろな層を泳ぎ回ります。

 

 

当たりを待つ

基本的には、キャスト後(エサの投入を含む)は置き竿で待ちます。

 

リールのドラグを調整しておきます。

 

エサの小魚が泳ぎ回りますので、誘う必要はありません。

 

ヒラメは、ずっと底に張り付いているというイメージを持っている人がいますが、実は意外と活発に動き回ります。

 

活性が高い時には、上の方まで泳いでくることもあります。

 

 

当たりがあれば

ヒラメ釣りでは、焦りは禁物です。

 

これは、もっとも重要なポイントです。

 

“ヒラメ40”という言葉があります。

 

これは、当たりがあってから、40秒は待ってから合わせろという意味です。

 

つまり、早合わせせず、じっくり食い込んでから合わせるとよいということです。

 

 

実際の釣りでは、待つ時間で判断するのではなく、竿が大きく引き込まれるまで待ちます。

 

ヒラメは、いきなりエサを丸飲みにすることはありません。

 

少しずつ飲み込んでいくためです。

 

食べている時にも、竿先が上下に揺れますが、ここで合わせても針がかりしません。

 

ヒラメは、エサを飲み込むと移動します。

 

この時に、竿先が大きく引き込まれますので、合わせを入れます。

 

針がかりすれば、ズッシリとした重みが感じられます。

 

無理をせず、糸を緩めないように一定の速さで巻いてきます。

 

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ヒラメ釣りのウキ泳がせ釣り仕掛けと釣り方

ホーム