ヒラメ釣りの船仕掛け 泳がせ釣り(ノマセ釣り)

ヒラメ釣り マゴチ釣り

ヒラメ釣りの船仕掛け 泳がせ釣り(ノマセ釣り)

ヒラメ釣りの船仕掛けの泳がせ釣り(ノマセ釣り)についてご紹介しています。

 

基本的な仕掛けは、堤防からの泳がせ釣りと同じです。

 

船仕掛けの方が、ハリスの号数やオモリの重さが大きくなりますが。

 

 

仕掛けは、次のとおりです。

 

ヒラメ釣り 泳がせ釣り 船釣り

 

 

竿

3m前後の船竿で、穂先の柔らかいものがおすすめです。

 

オモリ負荷は30〜50号がよいです。

 

 

 

 

 

リール・ライン

両軸リールを使います。

 

電動リールでも構いません。

 

ラインは、PEの2〜3号を使います。

 

 

 

 

 

 

ハリス・針

ハリス(枝)は、6〜7号を60〜100cm前後にします。

 

ハリスが長いと、エサの魚が弱りにくいです。

 

親針は伊勢尼12号、孫針は8号を使います。

 

ヒラメの大きさに合わせるとよいです。

 

“親針>孫針”となるようにします。

 

孫針はトリプルフックを使ってもよいです。

 

 

オモリ

オモリは、30〜80号を使います。

 

潮の流れなどにより、異なります。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ヒラメの泳がせ釣り(ノマセ釣り)(船)の釣り方

ホーム