ヒラメの泳がせ釣り(ノマセ釣り)(船)の釣り方

マゴチ釣り マゴチ釣り

ヒラメの泳がせ釣り(ノマセ釣り)(船)の釣り方

船におけるヒラメの泳がせ釣り(ノマセ釣り)の釣り方についてご紹介しています。

 

エサには、生きたイワシなどを使います。

 

親針を鼻にかけ、孫針をお腹か背中に刺します。

 

孫針を尻尾の近くに刺すと泳ぎが悪くなるので、注意が必要です。

 

 

泳がせ釣りの釣り方は、次のとおりです。

 

仕掛けを投入する

生きた魚をエサとして付けているため、必ず魚が弱らないように丁寧に投入します。

 

できるだけ水面近くから、そっと仕掛けを落としていきます。

 

イワシ→オモリの順で投入します。

 

落下時も、手でスプールを押えて、ゆっくり落としていく方がよいです。

 

一気にフルスピードで落としてしまうと、魚が弱ってしまいます。

 

この釣りは、いかに魚を弱らせずに底に落とせるかで釣果が決まると言っても、過言ではありません。

 

 

当たりを待つ

着底したら、糸ふけを取って30〜100cmほど底を切ります。

 

基本的には、エサの魚が泳ぎ回りますので、このまま当たりを待ちます。

 

適度に底を取り直します。

 

たまにゆっくり誘い上げて沈めるとよいです。

 

こうすることで、遠くのヒラメにアピールすることができます。

 

 

潮が速い時はこれでよいのですが、潮が緩い時はオモリを底に着けて釣るという手もあります。

 

その状態で、オモリを寝かせてもよいです。

 

底を引きずるようであれば、底から上げてもう1度沈めればよいです。

 

 

当たりがあれば

当たりがあっても、すぐに合わせてはいけません。

 

ヒラメ40」という言葉があるように、しばらく待たなくてはなりません。

 

ヒラメは、少しずつエサを飲み込んでいくためです。

 

そのため、竿が大きく引き込まれるまで我慢しなければなりません。

 

大きく引き込まれれば、竿を立てて合わせます。

 

後は、緩めないよう一定の速さで巻き上げます。

 

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ヒラメ釣りの船仕掛け 落とし込み

ホーム