ヒラメ釣り・マゴチ釣りのサーフでのポイント

ヒラメ釣り マゴチ釣り

ヒラメ釣り・マゴチ釣りのサーフでのポイント

ヒラメ釣り・マゴチ釣りのサーフでのポイントについてご紹介しています。

 

サーフにもポイントがあります。

 

どのようなところがポイントなのでしょうか?

 

 

ポイントには、次のようなところがあります。

 

離岸流

離岸流とは、打ち寄せられた波が沖に向かって戻っていく流れのことを言います。

 

こうしたポイントの底は、削られて深くなっており、ベイトが集まっていることが多いです。

 

 

河川の流れ込み

河川が流れ込むところは、ベイトが集まっています。

 

水量は少なくてもよいです。

 

 

カケアガリ

カケアガリとは、海底の傾斜の部分です。

 

堤防やサーフなどの釣りでは、外せない好ポイントです。

 

 

潮目

水温や塩分濃度が異なる潮がぶつかると、潮目ができます。

 

潮目には、ベイトが集まります。

 

 

こういったポイントには、ヒラメやマゴチが集まった小魚を狙ってやって来ます。

 

まずは、攻めてみるとよいです。

 

 

サーフでのポイントの探り方について解説します。

 

サーフでは、やみくもにキャストするのではなく、扇状にキャストして探るとよいです。

 

こうすることで、ポイントを効率的に漏れなく探ることができます。

 

扇状にキャストして当たりがなければ、少し横に移動して、再度扇状にキャストします。

 

これを繰り返していきます。

 

ヒラメ釣り サーフ ポイント

 

このような感じで探っていきます。

 

上でご紹介したポイント周辺で、このように探るとなおよいです。

 

好ポイントでは、粘ってみることも大切です。

 

 

場所選びは、非常に重要です。

 

サーフに限らず、漁港の波止や岸壁、河口などでも同じです。

 

ただ、場所だけにこだわるのではなく、ベイトの状況についても最新の情報を入手しておかなければなりません。

 

ヒラメやマゴチは、イワシやキスなどを好んで食べます。

 

そのため、イワシやキスなどがたくさん釣れる場所は、ヒラメやマゴチがいる可能性が高いです。

 

狙うべきは、イワシやキスなどが好調に釣れている場所ということになります。

 

場所選びの参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ヒラメ釣り仕掛け 堤防からの泳がせ釣り

ホーム