ライトヒラメの釣り方

マゴチ釣り マゴチ釣り

ライトヒラメの釣り方

ライトヒラメの釣り方についてご紹介しています。

 

ライトヒラメと言っても、釣具の違いはあれど、やっていることは普通の泳がせ釣り(ノマセ釣り)と同じです。

 

釣り方も、それほど大きくは変わりません。

 

 

仕掛けを投入する

仕掛けを投入する時に気を付けないといけないのは、エサの魚が弱らないようにすることです。

 

雑に魚を投げ込むようなことは避けます。

 

この釣りは、エサが元気に泳ぎ回らないと成り立ちません。

 

そのため、投入には細心の注意を払います。

 

 

仕掛けを底へ沈める

仕掛けを沈める際にも、魚が弱らないようにしなければなりません。

 

沈める時は、一気に落下させるのではなく、スプールを指で押えて、落下速度を緩めてやります。

 

こうしたことをするのかしないのかで、大分変ります。

 

底まで沈めたら、糸ふけを取ります。

 

 

当たりを待つ

 

後は、当たりを待つだけです。

 

指示された棚があれば、その棚で当たりを待ちます。

 

エサが自然に泳ぎ回りますので、特に誘いは必要ありません。

 

むしろ、誘わない方がよいです。

 

無駄に動かし過ぎると、エサが弱るためです。

 

 

一定の時間待っても当たりがなければ、仕掛けを回収して、エサの状態を確認します。

 

元気がなければ、新しい魚と交換します。

 

 

当たりがあれば

当たりがあっても、即合わせをしてはいけません。

 

ヒラメは、魚をくわえて、徐々に飲み込んでいきます。

 

そのため、いきなり合わせても針がかりしないです。

 

小さな当たりが何度か続いても我慢し、竿が大きく引き込まれるのを待ちます。

 

大きな当たりがあれば、素早くしっかりと合わせます。

 

後は、緩めることなく、一定の速さで巻いてきます。

 

海面まで上がったら、網ですくいます。

 

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「船釣りでのマゴチ仕掛けと釣り方

ホーム