ヒラメ釣りのルアー・ワームのおすすめは?

ヒラメ釣り マゴチ釣り

ヒラメ釣りのルアー・ワームのおすすめは?

ヒラメ釣りのルアー・ワームについてご紹介しています。

 

ヒラメ狙いのルアー釣りには、どのようなルアーがよいのでしょうか?

 

限られたルアーしか使えないのではと考えてしまいます。

 

しかし、実際のところいろいろなルアーが使えます。

 

ここでは、堤防・波止・岸壁などでおすすめのルアー・ワームについて解説しています。

 

もちろん、サーフでも使用できます。

 

 

使用できるルアーは、次のとおりです。

 

ミノー

フローティングミノーシンキングミノーが使われます。

 

フローティングミノーは浅場用、シンキングミノーは深場用です。

 

ミノーには、潜る深さが設定されています。

 

水深の半分ぐらいを目安にするとよいです。(例、水深が3mなら1〜1.5mに設定されているもの)

 

サイズは、10〜14cm程度が中心となります。

 

大きい方が、遠投に向いています。

 

 

 

 

 

メタルジグ・バイブレーション

ヒラメが釣れるポイントを把握できていない時は、広範囲を探れるメタルジグ・バイブレーションで様子を見てみるとよいです。

 

メタルジグの重さは、18〜60gを中心に使います。

 

飛距離が出るので、遠いポイントにも届きます。

 

水深が深い場合や風が強い場合に役立ちます。

 

バイブレーションの大きさは、10〜30gを使います。

 

飛距離が出てレンジキープ力があるので使いやすいです。

 

ミノーでは大きすぎると感じれば、使ってみるとよいです。

 

また、鉄板バイブレーションも大きな武器となります。

 

是非とも押さえておきたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワーム

ワームは、シャッドテールストレートテールが使われます。

 

ナチュラルなアクションやスローに誘えるのがメリットです。

 

ベタ底を攻めるのに適しています。

 

大きさは、2〜4インチぐらいがよいです。

 

ジグヘッドリグダウンショットリグなどが用いられます。

 

ジグヘッドは、10〜20gぐらいがおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

他には、キャスティング用タイラバなども使えます。

 

 

ヒラメは底だけではなく、表層も活発に動き回ります。

 

そのため、表層を攻めるルアーも用意しておくとよいです。

 

さまざまな種類のルアーを持っていくと、いろいろな釣りができます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ヒラメ釣りのサーフでのルアーのおすすめ!ワームは?

ホーム