ヒラメ釣りのサーフでのルアー仕掛け

ヒラメ釣り マゴチ釣り

ヒラメ釣りのサーフでのルアー仕掛け【ヒラメジギングなど】

ヒラメ釣りのサーフ(砂浜)でのルアー仕掛けについてご紹介しています。

 

サーフからは、主にルアーでヒラメを狙います。

 

サーフヒラメ(ショアヒラメ)と呼ばれています。

 

ライトショアジギングなども含まれます。

 

 

サーフからの釣りだからと言って、バカにはできません。

 

80cmクラスの大型ヒラメが釣れることもあります。

 

おかっぱりで、これだけの大物が釣れるのです。

 

人気にならないわけがありません。

 

なお、サーフ以外の波止・岸壁などでもほとんど同じ仕掛けが使われます。

 

 

ルアー仕掛けは、次のとおりです。

 

ヒラメ釣り ルアー 仕掛け

 

ロッド

ロッドは、ヒラメ(フラットフィッシュ)専用のものがおすすめです。

 

ヒラメ釣りで使うルアーロッドの詳細はこちら!

 

 

リール

リールは、ソルト対応のスピニングリールがおすすめです。

 

大きさは、3000〜4000番ぐらいが使いやすいです。

 

あまりにもリールが小さいと、ロッドとのバランスが悪いです。

 

それに、ずっとルアーを巻き続けると疲れます。

 

ある程度の大きさがあった方がよいです。

 

 

 

 

 

ライン・リーダー

ラインはPEで、リーダーはナイロンまたはフロロカーボンが一般的です。

 

個人的には、フロロカーボンをおすすめします。

 

PEは0.8〜1号を使います。

 

リーダーは、フロロカーボンの4〜6号1.5〜2mにします。

 

 

ルアー

ルアーは、ミノーメタルジグなどを使います。

 

表層で食こともあるので、表層を狙えるルアーも用意しておきます。

 

ヒラメ釣りで使うルアーの詳細はこちら!

 

堤防やサーフなどで使えるルアーの詳細はこちら!

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ヒラメ釣りのワーム仕掛け

ホーム