ヒラメ釣りのルアーのおすすめ【サーフ】

ヒラメ釣り マゴチ釣り

ヒラメ釣りのサーフでのルアーのおすすめ!ワームは?

ヒラメ釣りのサーフでのルアーのおすすめについてご紹介しています。

 

サーフからのヒラメ釣りの人気と共に、さまざまなルアーが登場しました。

 

ヒラメをメインで釣るためのルアーもあります。

 

数あるルアーの中で、サーフでよく使われるものは5種類あります。

 

1つずつ解説していきたいと思います。

 

ヒラメ釣りのサーフでのルアーのおすすめ 

 

スポンサーリンク

 

 

ミノー

サーフでのヒラメ釣りと言えば、ミノーです。

 

それぐらい定番のルアーです。

 

メタルジグやシンキングペンシルには劣りますが、それなりに飛距離が出ます。

 

その日の状況を把握するために使用するには最適なルアーです。

 

 

朝一に活性の高いヒラメを狙ってみるとよいでしょう。

 

ヒラメがいるポイントが近くて浅ければ、ミノーがぴったりです。

 

 

ミノーは、10〜14cmとボリュームがあり、アピール度も高いです。

 

大きく分けると、フローティングミノーとシンキングミノーの2種類があって、狙う水深によって使い分けることができます。

 

フローティングミノーは浅場で、シンキングミノーは深場で使用します。

 

ミノーによって、水に潜る深さが決まっているので、レンジのキープが非常に簡単に行えます。

 

引いてくると、水の抵抗を感じやすいので、ルアーを動かしているという実感が湧きます。

 

 

基本的には、巻いてくるだけでよいルアーです。

 

波が高い時にも、それほど影響なく使えます。

 

 

おすすめ

 

派手な動きで泳ぎますが、フォールスピードが遅いので浅場に最適です。

 

 

 

飛距離は出ますが、動きは地味です。

 

 

 

波動が大きいルアーで、目の前まで水深が深いポイントで使えます。

 

 

 

スローで巻いても、スイムの姿勢を崩さずに泳いでくれます。

 

 

 

シンキングペンシル

シンキングペンシルは、ゆっくり浅場を攻めるのが得意なルアーです。

 

ミノーよりも浅いポイントを探ることができます。

 

飛距離が出るので、沖のカケアガリを積極的に狙うのに最適です。

 

しかも、ゆっくり引いてくることができます。

 

 

基本的な釣り方は、ただ巻きとストップ&ゴーです。

 

5回ほどゆっくり巻いてきたら、止めて沈めるだけです。

 

これを繰り返します。

 

巻く速さや回数でレンジが変わるので、狙いたいレンジをイメージしながら巻いてくるとよいです。

 

 

波が高い時は釣りにくいルアーです。

 

ラインテンションをキープして巻くようにします。

 

 

おすすめ

 

飛距離が出てゆっくり引けるのが強みです。

 

 

 

天候が安定した日に遠距離を狙える、食わせを意識したアクションとフォールが特徴のルアーです。

 

 

 

メタルジグ

飛距離が出るので、遠投したい時に最適なルアーです。

 

メタルジグは、シルエットが比較的小さいです。

 

 

朝一は、視界が悪いので、ボリュームのあるルアーの方が見つけてもらいやすいです。

 

光量の多い日中なら、メタルジグの出番となります。

 

 

基本的な釣り方は、リフト&フォールです。

 

ただ巻きでも食わせることができます。

 

ストップ&ゴーも有効です。

 

 

波が高いと使いにくいです。

 

波にラインを持っていかれないように注意しなければなりません。

 

 

おすすめ

 

スローな誘いやドリフトでの釣りも行えます。

 

 

 

天候が荒れた日に遠距離を狙える、メタルジグの飛距離とミノーの動きがミックスしたルアーです。(ジグミノー)

 

 

 

バイブレーション

バイブレーションは、初心者にぴったりのルアーです。

 

キャストすればそこそこ飛び、沈むのも比較的速いです。

 

巻くだけでよく泳いでくれて、ヒラメにアピールしてくれます。

 

巻くだけで釣れるのがうれしいです。

 

操作はもっとも簡単かもしれません。

 

 

巻く速さで、引いてくるレンジが変わります。

 

そのため、巻く速さは非常に重要です。

 

どのサイズのバイブレーションを使うかでも、引いてくるレンジに影響が出ます。

 

サイズについても、きちんと選ぶ必要があります。

 

 

水深のあるポイントや遠浅のポイントでも使えます。

 

波が高くても、どんどん巻いて来ればよいです。

 

 

おすすめ

 

巻くだけでOKで、意外と速く巻いても釣れます。

 

 

 

ワーム

ハードルアーでダメなら、使ってみたいのがワームです。

 

柔らかい方がよいこともあります。

 

ゆっくり沈んでいくのがよい誘いとなります。

 

 

基本的な釣り方は、ただ巻きとストップ&ゴーです。

 

アクションは、ワームの形状などで大きく変わります。

 

ワームは、大きく動くタイプのもの(シャッドテールなど)と小さく動くタイプのもの(ストレートなど)を揃えておいた方が、釣りに幅が出ます。

 

サイズは、通常4インチか5インチが使われます。

 

大きい方が、アピール度が高く、水の抵抗を受けてゆっくり沈みます。

 

 

波が高い時に注意が必要なルアーとなっています。

 

ラインテンションをキープして巻かなければなりません。

 

 

おすすめ

 

2種類のワーム専用のワームキーパーです。

 

 

 

大きく動くのでアピール力は抜群です。

 

 

 

少しの流れでも微波動で誘います。

 

 

 

基本的には、上でご紹介したルアーをローテーションさせていきます。

 

ルアーを選ぶ際の基準は、光量と海水の色、ベイトの3つです。

 

暗かったり、海水が濁っていれば、派手なカラーのルアーを使います。

 

 

特に、重視すべきはベイトです。

 

ベイトのカラーやサイズに近いルアーを選ぶのがベストです。

 

そして、ベイトが泳いでいるレンジを、ベイトが泳いでいるように引いて来ることができれば、かなりの確率で食ってくれます。

 

こういったことを考えながら、ルアーをローテーションするように心がけます。

 

 

堤防や波止などで使えるルアーについては、こちらでご紹介しています。

 

サーフでも使えるのでおすすめです。

 

「ヒラメ釣りのルアー・ワームのおすすめは?」

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ヒラメの釣り方 ルアー(ワーム)仕掛け

ホーム