ヒラメの釣り方 ルアー(ワーム)仕掛け

ヒラメ釣り マゴチ釣り

ヒラメの釣り方 ルアー(ワーム)仕掛け

ヒラメのルアー(ワーム)仕掛けでの釣り方についてご紹介しています。

 

ルアーでのヒラメ釣りは、基本的にサーフ(砂浜)で行います。

 

一見、サーフではポイントなどないように思われがちですが、決してそうではありません。

 

サーフにもポイントは存在します。

 

そのため、できるだけ好ポイントを攻めたいです。

 

サーフのポイントはこちらを参照!

 

なお、サーフ以外の波止・岸壁などでもほとんど同じ方法で釣れます。

 

 

では、どのように釣ればよいのでしょうか?

 

ルアーの種類によって、若干特徴や釣り方が異なります。

 

ミノー

キャストして、着底後ただ巻きをします。

 

たまに、ロッドをシャクって、ちょんちょんとルアーを動かして誘います。

 

水深の浅いサーフで使ってもよいです。

 

 

スピンテールジグ

フラットフィッシュにも効果的なルアーです。

 

基本的には、ただ巻きで構いません。

 

沈むのが速いので、素早く広範囲を探れます。

 

水深が深い場所でおすすめです。

 

 

鉄板バイブレーション

巻くだけで、強烈な振動と波動で誘いがかかります。

 

基本的には、ただ巻きで構いません。

 

沈むのが速いので、サーフや漁港などの広い釣り場で、素早く広範囲を探れます。

 

まず、バイブレーションで、ヒラメがいそうかどうかのチェックをしてみるとよいです。

 

水深が深い場所でおすすめです。

 

 

メタルジグ

キャストして、ジグが底に着くのを待ちます。

 

着底後、中層(底から10〜20m)までシャクリながら巻き上げ、その後フォールさせます。

 

少し止めて食う間を与えてやるとよいです。

 

これを繰り返します。

 

水深が深い場所でおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

 

ワーム

キャストして、ワームの着底を待ちます。

 

着底したら、糸ふけを取って、ただ巻きします。

 

底の方を探るようなイメージです。

 

当たりがなければ、リフト&フォールで誘いを入れます。

 

 

基本的には、どのルアーも底より少し上(底から50cm〜1m)をただ巻きで誘ってくればよいです。

 

ミノーはもう少し上を巻いてきますが。

 

巻く速さはスローです。

 

たまに、巻くのを止めて、ルアーを止めます。

 

食わない時は、やや速めに巻くなど変化を付けます。

 

少々速く巻いてもヒラメは食ってきます。

 

ただ、あまりにも速く巻きすぎると、ワームが浮き上がってしまいます。

 

できるだけ同じ棚を引き続けることが重要です。

 

 

他には、リフト&フォールも有効です。

 

リフトしたルアーをフォールさせるのですが、底に着くか着かないかぐらいで、すぐに次のリフトに入ります。

 

ルアーを底に長く着けると、ヒラメが食わなくなるためです。

 

フォール中や、リフトに入った瞬間に食ってくることが多いです。

 

 

これらは、あくまで基本的な誘い方です。

 

いろいろと工夫してみるとよいです。

 

 

ヒラメは、底でしか食わないわけではありません。

 

中層でも、底から飛びついてくることもあります。

 

そのため、底をメインに、底から20mぐらい上までを探るとよいです。

 

 

当たりがあれば、すぐに合わせます。

 

エサ釣りのように、待つことはしません。

 

とにかく、即合わせしなければ、針がかりしません。

 

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「マゴチ釣りの投げ釣り仕掛けと釣り方

ホーム