船釣りでのマゴチのノマセ釣り仕掛けと釣り方

ヒラメ釣り マゴチ釣り

船釣りでのマゴチ(ノマセ釣り)仕掛けと釣り方

船釣りのマゴチ(ノマセ釣り)仕掛けと釣り方についてご紹介しています。

 

船でマゴチ釣りに行く人も多いです。

 

マゴチ釣りは難しいのではと感じる人がいますが、比較的簡単に行える釣りです。

 

 

船釣りのマゴチ仕掛け

船釣り仕掛けは次のとおりです。

 

マゴチ釣り 船仕掛け

竿

マゴチのノマセ釣りで使う竿の詳細はこちらを!

 

 

リール・ライン

リールは、両軸リールが釣りやすいです。

 

スピニングリールでもOKです。

 

ラインは、PEの1〜2号を使います。

 

 

 

 

 

 

天秤

天秤は、鋳込み天秤キス釣り用の片天秤を使います。

 

10〜25号の重さのものを使います。

 

 

ハリス・針

ハリスは、フロロカーボンの4〜6号を1.5〜2m取ります。

 

針のチモト部分の下にヒューズを4〜5回巻き付けて、エサのエビが海中で安定するようにします。

 

ヒューズとは、糸状のオモリのことです。

 

針は、付けるエサによって変わります。

 

イワシやハゼ、メゴチなどがエサなら、丸セイゴ16号を使います。

 

アカエビ、サイマキエビなどのエビをエサとして使うのなら、スズキ針17号がおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

 

船釣りでのマゴチの釣り方

船でのマゴチの釣り方は、次のとおりです。

 

釣り方は、非常に簡単です。

 

まず、仕掛けを底まで沈めます。

 

エサが弱らないように、沈める速度を少し緩めます。

 

仕掛けが底まで着いたら、糸ふけを取り、ハリスの分だけ巻き上げます。

 

後は、そのまま当たりを待ちます。

 

シャクるなどの激しい誘いは必要ありません。

 

こまめに、底を取り直すだけです。

 

これだけでも、誘いがかかります。

 

 

当たりがあっても、すぐに合わせてはいけません。

 

ヒラメと同じで、マゴチもすぐにエサを飲み込みません。

 

そのため、当たりがあれば、違和感なく食わせるために、竿先を送り込み気味にするとよいです。

 

 

竿が大きく引き込まれるまで待つ必要があります。

 

大きく引き込まれれば、竿を立てて合わせます。

 

針がかかりすれば、後は無理をしないように巻き上げてくるだけです。

 

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「マゴチのルアー釣り(船)仕掛けと釣り方

ホーム