マゴチ釣りのルアー(ワーム)仕掛けと釣り方

ヒラメ釣り マゴチ釣り

マゴチ釣りのルアー(ワーム)仕掛けと釣り方

マゴチ釣りのルアー(ワーム)仕掛けと釣り方についてご紹介しています。

 

マゴチは、サーフなどでのルアー釣りでも狙えます。

 

サーフ以外の波止・岸壁などでもほとんど同じ仕掛けが使われます。

 

 

マゴチ釣りのルアー(ワーム)仕掛け

マゴチ釣りのルアー仕掛けは、次のとおりです。

 

マゴチ釣り ワーム仕掛け

 

ワームで狙う場合、ジグヘッドリグ以外にもテキサスリグが有効です。

 

マゴチ釣り ルアー仕掛け

 

ロッド

マゴチのルアー(ワーム)釣りで使うロッドの詳細はこちらを!

 

 

リール・ライン

2500〜3000番スピニングリールを使います。

 

ラインは、PEの0.6〜1.2号を巻いておきます。

 

 

 

 

 

リーダー

リーダーは、フロロカーボンの2〜3号を1〜1.5m取ります。

 

 

ルアー・ワーム

マゴチ釣りで使うルアー(ワーム)の詳細はこちらを!

 

 

ジグヘッド

ジグヘッドは、10〜14gを使います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

マゴチ釣りのルアー(ワーム)の釣り方

マゴチ釣りのルアー(ワーム)の釣り方は、次のとおりです。

 

場所は、遠浅サーフがおすすめです。

 

手前の浅瀬沖のカケアガリが好ポイントです。

 

 

キャストして、ルアーが着底するのを待ちます。

 

この時、テンションフォールさせると、食ってくることがあります。

 

着底してすぐや、巻き始めなどによく当たりますので注意が必要です。

 

また、目の前でも食ってくることがありますので、最後まで油断しないようにします。

 

 

ルアーは、基本的にゆっくりと巻いてくるだけでよいです。

 

釣れない時は、巻く速さを変えてみます。

 

ミノーが主に使われますが、メタルジグやバイブレーションと交換してもよいです。

 

ワームで釣る時も、同様にズル引きが中心です。

 

 

マゴチは、底にいる魚なので、底付近を攻めないといけません。

 

リフト&フォールなどより、ゆっくり巻いてくるだけの方がよいです。

 

ただ、どのような誘い方がよいのかは、日によって異なります。

 

食いが悪い時は、いろいろとやってみることが大切です。

 

 

マゴチのミノーゲームについて

 

釣り方は、上にもあるように、キャストしてただ巻きで引いてくるだけです。

 

底を感じながらズル引くようにです。

 

結構速めに巻いてきてもOKです。

 

 

ミノーをズル引くので、リーダーやフックの損傷ぐらいをこまにチェックするようにします。

 

根がかりに十分注意が必要です。

 

 

 

実は、ルアー釣りに関しては、ヒラメとほとんど同じ釣り方・誘い方で、マゴチも釣れます。

 

そのため、「ヒラメの釣り方 ルアー(ワーム)仕掛け」を参考にしてください。

 

ヒラメをマゴチに置き換えて読めばよいです。

 

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「マゴチ釣りの竿(堤防・サーフ・船)

ホーム