マゴチ釣りの投げ釣り仕掛けと釣り方

マゴチ釣り マゴチ釣り

マゴチ釣りの投げ釣り仕掛けと釣り方

マゴチ釣りの投げ釣り仕掛けと釣り方についてご紹介しています。

 

マゴチは、堤防やサーフからの投げ釣りで釣れます。

 

 

マゴチ釣りの投げ釣り仕掛け

マゴチ釣りの投げ釣り仕掛けは、次のとおりです。

 

マゴチ釣り 仕掛け

 

海草天秤を使った固定式の仕掛けです。

 

孫針が付いた仕掛けで、エサには生きたイワシやアジなどを使います。

 

 

マゴチ釣り 仕掛け

 

海草天秤を使った遊動式の仕掛けです。

 

1本針仕掛けで、エサには生きたハゼやサンマの切り身などを使います。

 

ハゼは、下あごから上あごへ針を刺します。

 

 

上の2つの仕掛けの組み合わせを変えてもよいです。

 

固定式の仕掛けで、エサをサンマの切り身(1本針仕掛け)にしてもよいです。

 

もちろん、遊動式の仕掛けで、エサに生きたイワシ(孫針付き仕掛け)を使ってもよいです。

 

 

竿

マゴチの投げ釣りで使うロッドの詳細はこちらを!

 

 

リール・ライン

中・大型のスピニングリールまたは投げ専用リールを使います。

 

ラインは、PEの2〜3号を200m巻いておきます。

 

PE力糸4〜5号を取り付けておきます。

 

ナイロンなら、3〜12号テーパーラインがおすすめです。

 

テーパーラインとは、力糸とラインが一体となっているものです。

 

 

 

 

 

天秤

海草天秤の10〜30号を使います。

 

 

ハリス・針

 

ハリス(枝)は、フロロカーボンの6号を1m取ります。

 

針は、丸セイゴ針の17号(親針・1本針仕掛け)、丸セイゴ針の14号(孫針)を使います。

 

釣りに行く場所などによって変わってきます。

 

スポンサーリンク

 

 

マゴチの投げ釣りの釣り方

マゴチの投げ釣りの釣り方は、次のとおりです。

 

生きたイワシなどをエサにした場合は、できる限り丁寧にゆっくりと投げます。

 

底に着いたら、糸をピンと張っておきます。

 

後は、当たりを待つだけです。

 

ズル引きをしたり、リフト&フォールで誘ってもよいです。

 

当たりがあっても、ヒラメ同様に早合わせは禁物です。

 

きっちりと食い込ませてから、合わせます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「マゴチ釣りのエサと付け方

ホーム