ヒラメの落とし込み(船)の釣り方

ヒラメ釣り マゴチ釣り

ヒラメの落とし込み(船)の釣り方

船におけるヒラメの落とし込みの釣り方についてご紹介しています。

 

 

落とし込みの釣り方は、次のとおりです。

 

ベイトを釣る

落とし込みでもっとも重要なのが、ベイトを釣るということです。

 

エサが釣れなければ、その後のヒラメ釣りはできません。

 

まずは、ベイトを釣ることに専念します。

 

 

仕掛けを投入して、指示があった棚まで沈めます。

 

ベイトがいる棚で、落とし込んでは巻き上げを繰り返します。

 

サミングすると効果的な場合もあります。

 

ベイトが付くまで続けます。

 

 

ヒラメ釣り開始

ベイトが付けば、底付近の指示された棚まで沈めます。

 

この時、あまり勢いよく落とし込まないようにします。

 

エサの魚が弱ってしまいます。

 

棚まで沈めば、後はそのまま当たりを待つだけです。

 

あまり動かし過ぎると、魚が弱りますので、注意が必要です。

 

 

当たりがあれば

始めは、コツコツという小さな当たりがあることが多いです。

 

この当りで合わせると、ほぼ針がかりはしません。

 

ヒラメは、エサを一気に飲み込まず、少しずつ飲み込む習性があります。

 

そのため、当たりがあっても、しばらく待たなくてはいけません。

 

小さな当たりの後に、竿が曲がる大きな当たりがあります。

 

そのような当たりがあれば、迷わず強めに合わせます。

 

針がかりすれば、竿に重みを感じます。

 

 

巻き上げは、一定の速さで巻き上げます。

 

ずっしりと重いだけで、まったく引かないこともあります。

 

何があっても、緩めてはいけません。

 

緩めると、バレてしまうためです。

 

最後は、必ず網ですくいます。

 

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ヒラメの船でのルアー釣り(スロージギング)の仕掛け

ホーム