ヒラメ釣りの探り釣りの釣り方

ヒラメ釣り マゴチ釣り

ヒラメ釣りの探り釣りの釣り方

ヒラメ釣りの探り釣りの釣り方についてご紹介しています。

 

探り釣りは、ルアー釣りのようにキャストして広範囲を探れますが、針がかりさせるのが難しい釣り方です。

 

やや慣れが必要かもしれません。

 

ヒラメ釣りの探り釣りの釣り方

 

 

探り釣りの釣り方は、次のとおりです。

 

まず、仕掛けをキャストします。

 

エサには、シロギスやハゼなどの小魚が使われます。

 

そのため、弱らせないように、そっとキャストしなければなりません。

 

 

仕掛けを底まで沈めます。

 

着底後、基本的にはズル引きでOKです。

 

激しくシャクッたりしてはいけません。

 

エサが弱ってしまいます。

 

たまに止めて当たりを待ったりしながら、足元まで引いてきます。

 

 

当たりがあっても、すぐに合わせてはいけません。

 

この時点で合わせても、すっぽ抜けてしまいます。

 

当たりがあれば、ラインを張らず緩めずで食い込むのを待ちます。

 

そして、食い込めば、強めに合わせます。

 

あとは、無理をしないように巻いてくればよいです。

 

 

どのタイミングで合わせるかが、この釣り方の肝となります。

 

焦って合わせると、針がかりせず、ヒラメを逃がしてしまいます。

 

逆に、遅すぎてもエサをすべて食べられてしまって逃げられてしまいます。

 

経験を積んで、最適な合わせのタイミングを学ぶしかありません。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ヒラメ釣りのエサと付け方

ホーム