ヒラメのドリフトでの釣り方

ヒラメ釣り マゴチ釣り

ヒラメのドリフトでの釣り方【シャローサーフ】

ヒラメをシャローサーフでドリフトによって狙う場合の釣り方についてご紹介しています。

 

ドリフトとは、ルアーを流れに乗せて送り込んでいく釣り方のことを言います。

 

河川でのシーバス釣りで有名なテクニックの1つです。

 

このドリフトをサーフのヒラメ釣りにも応用しようというのです。

 

ヒラメのドリフトでの釣り方

 

スポンサーリンク

 

 

ドリフトを行うメリットについてです。

 

  • カケアガリなど沖の好ポイントを流せる。
  •  

  • 1回キャストするだけで広く探ることができる。
  •  

  • 大型ヒラメがヒットしやすい。

 

これだけメリットがれば、やってみる価値は十分あります。

 

 

では、どのようにして流していけばよいのでしょうか?

 

ドリフトはに流します。

 

縦に流すと、ルアーを引いてくるのとそれほど変わりません。

 

もちろん、ナチュラル感などはまったく異なりますが。

 

 

ルアーを流すのですが、方法は2つあります。

 

1つ目は、潮の流れを利用する方法です。

 

横への潮の流れにルアーを乗せます。

 

潮上にキャストして、潮下へ流していきます。

 

手に伝わるルアーの重みを感じながら、ゆっくり流していくのがコツです。

 

ルアーが底の障害物などに当たるのがわかるので、地形の変化を把握しやすいです。

 

 

2つ目は、風の流れを利用する方法です。

 

風の流れに乗せてルアーを流すこともできます。

 

潮の流れに乗せて流すのとでは大きく異なる点があります。

 

それは、ルアーから流れていく点です。

 

風の流れに乗せると、まずラインが流れて、それに引っ張られるようにルアーも流れていきます。

 

横風が吹いている時はチャンスですが、あまり強すぎてもダメです。

 

 

流し方はわかりましたが、どのように釣ればよいのでしょうか?

 

はじめに、ルアーについてです。

 

基本的には、ある程度重めのものがよいです。

 

浮き上がるのを抑えて、スローに流すことができるためです。

 

狙う棚や潮の速さ、風の強さなどで使用するルアーを選びます。

 

底から中層までを狙う場合は、シンキングペンシルやヘビーシンキングミノーがおすすめです。

 

風が強い場合は、メタルジグを使うのもありです。

 

 

普通の速さの流れの時

 

 

 

速い流れの時

 

 

 

遅い流れの時

 

 

 

速い流れ・強い風時

 

 

 

仕掛けをキャストして着底後、糸ふけを取ります。

 

ルアーを潮の流れや風の流れに乗せて流していきます。

 

この時も余分な糸ふけが出続けるので、これを巻き取っておきます。

 

糸ふけが多い時は速めに巻き、糸ふけが少ない時はゆっくり巻きます。

 

 

ルアーが底を引きずっている時は、竿先を高く上げるようにします。

 

速く巻くようにするのもよいです。

 

 

うまくいくと、沖のカケアガリに沿ってルアーを流せます。

 

ヒラメがいるポイントを長く攻められるので、ヒットチャンスが大きくなります。

 

それでいて、大型も狙えるのでるから、夢のような釣り方です。

 

 

<タックル紹介>

 

ロッド

ロッドは、ヒラメ対応のものを使います。

 

長さは、10フィートがベストです。

 

 

 

リール

リールは、スピニングリールがおすすめです。

 

サイズは、4000番がよいです。

 

 

 

ライン

ラインは、PEの1号を巻いておきます。

 

 

リーダー

リーダーは、フロロカーボンの5号をセットしておきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ヒラメがサーフで釣れない時は?サーフフィネスとは?

ホーム