サーフ釣りにおけるポイント・場所の探し方!波の様子でわかる?

ヒラメ釣り マゴチ釣り

サーフ釣りにおけるポイント・場所の探し方!波の様子でわかる?

サーフ釣りにおけるポイント・場所の探し方についてご紹介しています。

 

サーフ釣りを行う際のポイントには、離岸流や河川の流れ込み、カケアガリ、潮目、障害物周りがあります。

 

このことについては、「ヒラメ釣り・マゴチ釣りのサーフでのポイント」で解説しました。

 

サーフ釣りにおけるポイント・場所の探し方

 

 

離岸流や河川の流れ込み、潮目、障害物周りについては、サーフを歩いてみればある程度わかります。

 

しかし、カケアガリは目視で確認することはできません。

 

 

では、海中に潜らないと、カケアガリの存在を確認することはできないのでしょうか?

 

実は、目視でも確認できる方法があります。

 

 

1つ目は、浜(波打ち際)が沖の方に出ている場所を探すことです。

 

浜が沖の方に出ている場所は、沖の方にあるカケアガリに近いことが多いです。

 

また、この場所の周辺は浅い可能性が高いです。

 

 

2つ目は、波が砕ける場所を探すことです。

 

波が砕ける場所の底は盛り上がっています。

 

そのため、この部分が瀬やカケアガリになっている可能性が高いです。

 

 

この2つから、カケアガリなどの地形変化を見つけるように心がけます。

 

見つけられれば、釣れる可能性が高くなります。

 

 

併せて、次の確認も行うようにします。

 

それは、ベイトの確認です。

 

水面にベイトが泳いでいないかを調べます。

 

ボイル鳥山でも構いません。

 

 

あとは、実際に釣りながら確認します。

 

潮の変化は重要です。

 

キャストしたルアーを引いてくる際、どのポイント・どの層で潮の抵抗を感じたのかなどに注意しておくとよいです。

 

そのポイントには魚がいる可能性が高いです。

 

ベイトが集まりやすいためです。

 

念入りに攻めたいポイントの1つです。

 

 

風を含めた天候の変化も見ておきます。

 

晴れから曇りに変わったり、風が出てきたりと、気象条件に関してもずっと同じではなく、刻一刻と変化しています。

 

こういった変化があった時に、急に食い出すことも珍しくはありません。

 

 

このように、さまざまな変化に敏感になっておく必要があります。

 

どういったことが釣果アップにつながるのかわからないためです。

 

ただ漫然と釣るのではなく、変化の有無について確認しながら釣るようにしないといけません。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ヒラメ釣り仕掛け 堤防からの泳がせ釣り

ホーム