ヒラメがサーフで釣れない時は?サーフフィネスとは?

ヒラメ釣り マゴチ釣り

ヒラメがサーフで釣れない時は?サーフフィネスとは?

ヒラメがサーフで釣れない時は、何が原因なのでしょうか?

 

釣れない原因は、大きく分けると2つあります。

 

ヒラメの活性が低いか、スレてしまったかのどちらかです。

 

こうした釣るのが難しいヒラメを、いかに釣るのかというのがサーフフィネスです。

 

釣り方と使用するルアーを状況によって変えていくのが基本です。

 

低活性の時には釣り方を、スレてしまった時にはルアーをというようにです。

 

スポンサーリンク

 

 

では、具体的にみていきます。

 

ヒラメの活性が低い時の釣り方

まず、サーフで仕掛けをキャストして、ヒラメの食い気をチェックします。

 

ミノーやジグヘッド&ワームなどをただ巻きで引いてきます。

 

朝マズメなどは、ヒラメが高活性であることが多いです。

 

このような時は、ヒラメがルアーを見つけてやって来てくれます。

 

比較的釣りやすいです。

 

 

ただ巻きで釣れない時・始めは釣れていたが釣れなくなった時は、リフト&フォールで誘うとよいです。

 

ただ巻きでは、食う気満々のヒラメでなければ、追いつけないことがあります。

 

リフト&フォールなら、十分に追いつく時間を与えてやることができるので効果的です。

 

 

ここまでで釣れれば、サーフフィネスは不要です。

 

むしろ、釣れている時は逆効果です。

 

効率が悪くなるだけかもしれません。

 

ヒラメ サーフ 釣れない サーフフィネス

 

 

釣れない時こそサーフフィネスの出番なのです。

 

具体的には、ルアーを止めておくのです。

 

実は、ヒラメはルアーをエサと認識すれば、止めておいても食ってくるのです。

 

当たりがあるのに食わない時に有効です。

 

止めておいてからシェイクを入れるのもOKです。

 

よい誘いになります。

 

 

この時、注意することがあります。

 

ルアーを止める場所についてです。

 

必ずヒラメがいるか、もしくはいる可能性が高い場所でのみ行うようにします。

 

ヒラメがいない場所で行っても、まったく意味がありません。

 

ルアーを止めておいても、遠くからヒラメがやって来るわけがないためです。

 

 

ヒラメがルアーに反応しない(スレてしまった)時の釣り方

ヒラメがスレてしまった時は、ルアーを工夫します。

 

工夫と言っても、加工するのではなく、サーフフィネスに合ったルアーを選ぶだけです。

 

 

では、どのようなルアーが適しているのでしょうか?

 

いろいろあるでしょうが、今回はワームとメタルジグについてご紹介したいと思います。

 

 

ヒラメがスレてしまった時は、ルアーだけを交換すればよいというような書き方になっていますが、実際は釣り方も併せて行います。

 

リフト&フォールで誘ってきて、食わなければ止めてやります。

 

それでも食わなければ、シェイクを入れて誘います。

 

このような釣り方になるので、止めてもヒラメの反応がよいものを使わなければなりません。

 

 

まず、ワームについてです。

 

もちちん、ワームはジグヘッドに装着して使います。

 

 

おすすめはピンテールです。

 

ピンテールは、ヒラメの反応が非常によいです。

 

これに5gのジグヘッドを使うと最強です。

 

 

 

 

 

 

他には、止めておいてもテールがよく動くタイプのワームも効果的です。

 

次のようなワームもおすすめです。

 

 

 

 

次に、メタルジグについてです。

 

メタルジグを止めておいても食うのかと思われるかもしれませんが、意外と食ってきます。

 

ただ、どのようなメタルジグでもよいわけではありません。

 

 

おすすめは、ティンセル付きのメタルジグです。

 

ティンセルとは、ルアーやフックに付けてあるふさふさした糸状のもののことです。

 

メタルジグを止めておいても、ティンセルは潮の流れなどでゆらゆら揺れます。

 

これがよい誘いとなって、ヒラメが思わず食いついてしまうのです。

 

 

 

食わない時ほど、サーフフィネスが必要となってきます。

 

どのような状況にも対応できるように、上でご紹介したようなルアーは常に用意しておいた方がよいです。

 

 

サーフフィネスにぴったりのロッドは?

 

リールやライン、リーダーなども重要ですが、それ以上に気を使わなくてはいけないのがロッドです。

 

どのようなロッドでもよいというわけにはいきません。

 

サーフフィネスは繊細な釣りです。

 

軽量のジグヘッドを操作できる柔らかさが必要です。

 

ただ、大型のヒラメが食ってきてもやり取りでき、波打ち際まで寄せられるバットパワーも兼ね備えていなければいけません。

 

これらのことから、ティップがMLまたはMのパワーのロッドがおすすめです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ヒラメの夏サーフでの仕掛けと釣り方

ホーム