ヒラメ釣りのウキ泳がせ釣り仕掛けと釣り方

マゴチ釣り マゴチ釣り

ヒラメ釣りのウキ泳がせ釣り仕掛けと釣り方

ヒラメ釣りのウキ泳がせ釣り仕掛け

ヒラメ釣りのウキ泳がせ釣り仕掛けについてご紹介しています。

 

泳がせ釣りのウキありバージョンです。

 

ウキがあるので、棚を調整できます。

 

ただ、ヒラメは底付近にいるので、あまり関係ないかもしれませんが。

 

この仕掛けは、表層や中層にいるシーバスや青物を狙うのにも使えます。

 

 

ウキ泳がせ釣り仕掛けは、次のとおりです。

 

ヒラメ釣り ウキ泳がせ釣り 仕掛け

 

 

竿・リール・ライン

泳がせ釣り仕掛けで使うものと同じです。

 

ヒラメの泳がせ釣り仕掛けの詳細はこちら!

 

 

ウキ

ウキは、自立棒ウキを使います。

 

サイズは、0.8〜1.5号です。

 

 

オモリ

浮力調節のため、中通しオモリを着けます。

 

 

ハリス

ハリスは、フロロカーボンの6号(1〜1.5m)を使います。

 

 

針は、チヌ針5号を使います。

 

 

ヒラメ釣りのウキ泳がせ釣りの釣り方

ヒラメ釣りのウキ泳がせ釣りの釣り方についてご紹介しています。

 

ウキ泳がせ釣りの釣り方は、次のとおりです。

 

まず、仕掛けをキャストします。

 

エサには、生きたイワシなどの小魚が使われます。

 

細心の注意を払わないと、すぐに弱ってしまいます。

 

そのため、できるだけそっとキャストするようにします。

 

 

底まで沈めます。

 

底付近にエサがいくように、ウキ下を調整します。

 

必ず底に着いていないといけないわけではありません。

 

ヒラメは、底から浮いて捕食することもあるためです。

 

少し浮かせて流してもよいです。

 

 

ウキが少し沈んだ程度では、合わせてはいけません。

 

この時点で合わせても針がかりしません。

 

ウキが見えなくなるまで沈むのを待って、合わせるとよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ヒラメ釣りの探り釣り仕掛け

ホーム