ヒラメの冬サーフでのルアー釣り

ヒラメ釣り マゴチ釣り

ヒラメの冬サーフでのルアー釣り

ヒラメの冬サーフでのルアー釣りについてご紹介しています。

 

冬のサーフと言えば、風が強いというイメージです。

 

特に向かい風が吹いていると、思いっきりキャストしても、意外と飛んでいないことがあります。

 

沖の方の遠いポイントまでは届きません。

 

これでは、広範囲を探ることは難しいですね。

 

ヒラメの冬サーフでのルアー釣り

 

スポンサーリンク

 

 

冬のサーフを攻略するためにもっとも重要なものの1つとして、ルアーの選択を挙げることができます。

 

冬のサーフでは、どのようなルアーを使えばよいのでしょうか?

 

そして、どのように釣ればよいのでしょうか?

 

 

強風対策としては、直進性が強く、飛距離が出るルアーを使うことです。

 

空気抵抗が少なく、重量感のあるものがベストです。

 

メタルジグか、シンキングペンシルを使うとよいです。

 

 

それぞれのおすすめは、次のとおりです。

 

熱砂 スピンビームTG(メタルジグ)

タングステン製なので、シルエットが小さくてよく飛びます。

 

沈むのが速く、底を取りやすいです。

 

しかも、波が高くても、操作しやすいです。

 

巻くだけで、派手なアクションで誘いがかかります。

 

 

ルアーが着底すれば、ただ巻きで巻いてくるだけです。

 

釣れなければ、ストップ&ゴージャーク&フォールで誘ってみるとよいです。

 

 

 

熱砂 ドリフトスイマーII 100HS(シンキングペンシル)

シンキングペンシルは、飛距離が出るので遠投が可能です。

 

基本的には浮き上がりやすいので、メタルジグよりもゆっくり引いてくることができます。

 

レンジキープ力も優れているので、非常に釣りやすいです。

 

シャローやヒラメが低活性でもOKです。

 

あまりにも風や波が強い時は控えた方がよいです。

 

 

誘い方は、メタルジグと同じです。

 

ただ巻き、ストップ&ゴー、ジャーク&フォール。

 

潮の流れや風の流れが横方向の場合、ドリフトさせると効果的です。

 

 

 

しっかりと風対策をすると、冬のサーフでも十分ヒラメが狙えます。

 

防寒対策も忘れずに。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「マゴチ釣りの投げ釣り仕掛けと釣り方

ホーム