ヒラメの秋サーフでのポイントと釣り方!シーズンで異なる?

ヒラメ釣り マゴチ釣り

ヒラメの秋サーフでのポイントと釣り方!シーズンで異なる?

は、サーフでのヒラメ釣りのベストシーズンです。

 

数もサイズも狙えるシーズンになります。

 

比較的釣りやすいので、初心者が腕を磨くのに適しています。

 

初夏もよく釣れますが、秋はサーフでヒラメを狙いたいですね。

 

 

ヒラメの秋サーフでのポイント

ヒラメの秋サーフでのポイントについてご紹介しています。

 

ポイントは、シーズンによって異なるのでしょうか?

 

実は、他のシーズンとそれほど大きくは変わりません。

 

離岸流や河川などの流れ込みなどは、ヒラメ釣りの好ポイントなっています。

 

もちろん、秋も狙いたいポイントとなっています。

 

 

どのシーズンも、地形の変化にヒラメが付いています。

 

そのため、常に地形の情報を収集しなければなりません。

 

 

遠浅のサーフで釣る場合は、沖のカケアガリがもっともおすすめするポイントとなっています。

 

ここがベイトの通り道となっていて、当然それを狙うヒラメもやって来ます。

 

沖の方で波立つところが、まさにカケアガリです。

 

それよりも沖へキャストして、仕掛けを引いてくるとよいです。

 

は、遠投で沖のカケアガリを攻めるのが堅いです。

 

 

ヒラメの秋サーフでのルアーの選び方

ヒラメの秋サーフでのルアーの選び方についてご紹介しています。

 

サーフでのルアー釣りと言えば、ミノーというぐらい人気のルアーがあります。

 

もちろん、ミノーは欠かせないルアーの1つです。

 

 

では、ミノーだけでよいのかと言えば、そういうわけではありません。

 

秋のサーフでヒラメを狙うために、いろいろなルアーをローテーションする必要があるのです。

 

狙うポイントの距離に応じてルアーを選びます。

 

 

近距離を狙う場合

ミノー:ボディを左右に揺らして、水を大きく動かすアピール力が強いルアーです。

 

 

 

ジグヘッド&ワーム:ナチュラル感を演出でき、重さやサイズを自由に変えられるルアーです。

 

 

 

ブレードベイト:ブレードのフラッシング効果でアピール力に優れているルアーです。

 

 

 

キャスティングタイラバ:遠投も可能で、ラバーのナチュラルな動きでアピールするルアーです。

 

 

 

遠距離を狙う場合

メタルジグ:重さがあるので遠投でき、速く沈むルアーです。

 

 

 

シンキングペンシル:遠投でき、ある程度浮くのでスローで浅場を引いてくることができるルアーです。

 

 

 

基本的には、これらの6つのルアーをローテーションしていきます。

 

最低でも、ブレードベイトとキャスティングタイラバ以外の4種類は揃えておきたいです。

 

それぞれの反応を確かめて、その日のヒットルアーを探ります。

 

カラーや重さの異なるものも用意しておくとベストです。

 

カラーは、ゴールド系・シルバー系・ピンク系がおすすめです。

 

 

他に、メタルジグとワームのハイブリットタイプもあります。

 

面白そうなルアーです。

 

 

 

ヒラメの秋サーフでの釣り方

ヒラメの秋サーフでの釣り方についてご紹介しています。

 

釣り方自体は、他のシーズンと変わりません。

 

 

基本的には、ただ巻きでOKです。

 

潮の抵抗や底の状況を感じ取りながら巻いてくるようにします。

 

巻く速さはいろいろやってみて、その日のヒラメの反応を探ります。

 

 

当たりがなければ、巻いてくる際に定期的に止めてやるとよいです。

 

止めると、ルアーは沈んでいきます。

 

着底すれば、再度巻き始めます。

 

それでもダメなら、大きなシャクリを入れるとよいです。

 

 

誘い方の流れは次のとおりです。

 

最初はただ巻きを行い、ロッドを大きくシャクります。

 

ルアーが大きく跳ね上がります。

 

その後、誘うのを止めます。

 

その間、ルアーは底まで沈んでいきます。

 

着底すれば、これを繰り返します。

 

 

基本的には、これらの誘い方をマスターすれば十分です。

 

これらの誘い方をローテーションで行うとよいです。

 

 

違和感があれば、すぐに合わせます。

 

フッキングすれば、テンションを張った状態でやり取りするようにします。

 

 

 

<タックル>

 

ロッドは、ヒラメ専用ロッドがおすすめです。

 

遠投に適した、長さ10フィート以上のものがよいです。

 

 

 

リールは、スピニングリールがおすすめです。

 

サイズは、4000番ぐらいが使いやすいです。

 

ハイギアリールなら、なおよいです。

 

 

 

ラインは、PEの1号でよいです。

 

200mほど巻いておきます。

 

 

リーダーには、フロロカーボンの5〜6号を使います。

 

青物などがヒットしてもよいように、少し太めがよいです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ヒラメの冬サーフでのルアー釣り

ホーム