ヒラメ釣りの船仕掛け 落とし込み

ヒラメ釣り マゴチ釣り

ヒラメ釣りの船仕掛け 落とし込み

ヒラメ釣りの船仕掛けである落とし込みについて解説しています。

 

落とし込みは、別名タテ釣りとも言われます。

 

この釣り方の大きな特徴は、比較的浅い棚でベイト(イワシやアジなど)を釣り、針にベイトがかかればそのまま深い棚まで沈め、ヒラメなどの大物を狙うことにあります。

 

泳がせ釣りは自分で生きた魚を針にかけますが、落とし込みは釣れた魚をそのままエサとして使います。

 

こうすることで、より元気な魚をエサとして、大物を狙えます。

 

それに、調達してきた魚と違って、そのポイントで泳いでいる魚をエサにしますので、ヒラメなどは違和感なく食いついてきます。

 

いかにベイトを針にかけて、落とし込めるかが勝負です。

 

 

落とし込みの仕掛けは、次のとおりです。

 

ヒラメ釣り 落とし込み

 

竿

ヒラメ釣りの落とし込みで使うロッドの詳細はこちらを!

 

 

リール・ライン

ポイントは比較的水深があるので、電動リールをおすすめします。

 

ダイワなら、400〜500サイズがベストです。

 

ラインは、PEの3〜6号を巻いておきます。

 

釣りに行くポイントによっては、大型の青物などが食ってくることもあります。

 

そのようなポイントでは、念のため太め(5号以上)の方がよいです。

 

 

 

 

 

仕掛け

市販の仕掛けを使います。

 

ハリスは、6号がおすすめです。

 

あまり太すぎると、ベイトの食いが落ちます。

 

ベイトを意識して、サバ皮などが付いているものを使ってもよいです。

 

大型の青物などがかかる可能性があれば、もっと大きな号数を使います。

 

 

オモリ

50〜80号を使います。

 

潮の速さによって変わります。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ヒラメの落とし込みで使う船竿のおすすめは?

ホーム