ライトヒラメの竿(ロッド・タックル)のおすすめは?

ヒラメ釣り マゴチ釣り

ライトヒラメの竿(ロッド・タックル)のおすすめは?

ライトヒラメの竿についてご紹介しています。

 

ライトヒラメは、普通の泳がせ釣り(ノマセ釣り)よりも軽いオモリを使います。

 

そのため、よりオモリ負荷の小さい、軽い竿を使うことができます。

 

 

軽い竿を使うと、さまざまなメリットがあります。

 

ヒラメ釣りは、1日中手持ちで釣らなければならいので、竿が重いと疲れてしまいます。

 

疲れると、集中力が失われますので、当たりを逃してしまう可能性があります。

 

しかし、竿が軽いとそう言ったことはなくなります。

 

 

また、軽い竿を使うと、エサの魚の動きやヒラメの当たりなどが非常にわかりやすいです。

 

底の状況までが把握できます。

 

合わせのタイミングを誤ることも少なくなります。

 

そして、ヒラメが食った後のやり取りも軽いので楽々行えます。

 

まさに、よいことばかりなのです。

 

 

竿の長さは、2〜3m前後が適しています。

 

あまり長いと、操作しにくく、使いづらいです。

 

6:4調子の少し柔らかめの竿の方が、食い込みがよいです。

 

 

おすすめは、ライトヒラメ専用ロッドです。

 

軽くて使いやすいように設計されています。

 

しかし、専用ロッド以外の竿でも流用できます。

 

柔らかめの胴調子の船竿や万能竿でも問題ありません。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ライトヒラメのリールのおすすめは?

ホーム