ヒラメをルアーローテーションで狙う戦術【サーフ】

ヒラメ釣り マゴチ釣り

ヒラメをルアーローテーションで狙う戦術【サーフ】

ヒラメをサーフにおいてルアーローテーションで狙う戦術についてご紹介しています。

 

サーフでのヒラメ釣りでは、ルアーの選び方が非常に重要です。

 

どのタイプのルアーで、どの棚をどのように探るかで釣果が決まると言っても過言ではありません。

 

ヒラメ ルアーローテーション

 

スポンサーリンク

 

 

ここでは、遠浅サーフにおけるルアーローテンションの方法と釣り方について解説します。

 

まず、狙うべきポイントについてです。

 

遠浅サーフで外せないのが、離岸流河川などの流れ込みです。

 

離岸流は、打ち寄せた波が沖に払い出していく場所のことです。

 

流れにより掘られて深くなっています。

 

ベイトやヒラメが集まりやすいです。

 

流れ込みも同じです。

 

 

沖の方にあるカケアガリにもヒラメがやって来ます。

 

部分的に白波が立っている場所の下は浅くなっています。

 

その近くにカケアガリがありますので、狙ってみるとよいです。

 

 

釣り方についてです。

 

朝夕マズメなどヒラメの活性が高い時は、まず表層フローティングミノーで引いてきます。

 

ただ巻きでOKです。

 

水が濁っていると、魚に見つけてもらえませんので注意が必要です。

 

 

 

反応がなければ、少し下(表層から1.5m)の棚を探ります。

 

使うルアーは、シンキングミノーです。

 

こちらもただ巻きでよいです。

 

 

 

これでも当たりがなければ、この時は活性が低いと思ってもよいです。

 

そのような時は、ジグヘッド&ワームに変えます。

 

リールを何回か巻いた後止めます。

 

これによって、食わせの間を作ることができます。

 

 

 

これでもダメなら、広範囲を探れるメタルジグを使います。

 

遠投して、より沖の方を攻めます。

 

こちらも、巻いては止めを繰り返します。

 

 

 

ここまでしても食ってくれない時は、フィネスの出番です。

 

フィネスとは、なかなか食ってくれないヒラメに口を使わせるようにするための繊細なアプローチのことです。

 

いくつか方法があります。

 

 

軽いジグヘッド波動が生じないピンテール系のワームを使って、ゆらゆら漂うような動きを演出します。

 

これにより口を使ってくれるようになります。

 

 

 

 

ヘビーシンキングミノーヘビーシンキングペンシルを使うのもよいです。

 

ヘビーシンキングミノーは、強い波動を生じるのでヒラメの反応がよくなります。

 

ヘビーシンキングペンシルは、ゆっくり引いてこられる上、ゆっくり沈めることができます。

 

これがよい誘いになります。

 

移動距離を少なめにしたリフト&フォールが効果的です。

 

止めたり、シェイクを入れると、さらに反応がよくなります。

 

 

 

 

 

後は、少しずつ場所を移動していきます。

 

離岸流のある場所は、目の前から深くなっているので、足元も探るとよいです。

 

 

 

<タックル>

 

ロッド

ロッドは、サーフヒラメ対応のロッドがおすすめです。

 

理想は、モアザンエキスパートです。

 

しかし、かなり高額なので買いたくても買えない人がいると思います。

 

そんな人には、ラテオFJがぴったりです。

 

この竿もモアザン調子になっているので、非常に釣りやすいのです。

 

モアザン調子には、次のような特徴があります。

 

ティップが柔らかいので、当たりが取りやすいです。

 

しかも、軽量ジグをキャストしやすいです。

 

それでいて、バットパワーがあるので、ランディングも無難に行えます。

 

 

 

リール

リールは、スピニングリールが操作しやすいです。

 

サイズは、3000番がおすすめです

 

 

 

ライン

ラインは、PEの1号を使います。

 

 

リーダー

リーダーは、フロロカーボンの5号を使います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ヒラメのサーフでの釣り方!遠浅と急深の違いは?

ホーム