マゴチのルアー釣り(船)仕掛けと釣り方

ヒラメ釣り マゴチ釣り

マゴチのルアー釣り(船)仕掛けと釣り方

マゴチの船のルアー釣り仕掛けについてご紹介しています。

 

マゴチも船からのルアー釣りで釣れます。

 

 

マゴチのルアー釣り仕掛け

仕掛けは次のとおりです。

 

マゴチ釣り 船 ルアー仕掛け

 

マゴチ釣り 船 ルアー仕掛け

 

実は、一つテンヤの仕掛けを利用します。

 

これに、ワームを付けて釣るのです。

 

もちろん、ワームではなく、エサを付けてもOKです。

 

ジグヘッドとワームの組み合わせでも釣れます。

 

 

竿

マゴチのルアー釣りで使う竿の詳細はこちらを!

 

 

リール・ライン

一つテンヤと同様、スピニングリールを使います。

 

2500〜3000番のリールが適しています。

 

ラインは、PEの1号(200m)を巻いておきます。

 

 

 

 

 

リーダー

リーダーは、フロロカーボンの4号(4m前後)を使います。

 

 

テンヤ・ジグヘッド

テンヤなら8〜10号、ジグヘッドなら5〜15gを使います。

 

タチウオのワインド用のジグヘッドとワームを使ってもよいです。

 

 

ワーム

マゴチ釣りで使うワームの詳細はこちらを!

 

 

スポンサーリンク

 

 

マゴチのルアー釣りの釣り方

一つテンヤでも、ジグヘッドでも、釣り方はそれほど変わりません。

 

そのため、ここでは一つテンヤの釣り方をご紹介します。

 

 

釣り方には、大きく分けると2つあります。

 

それは、仕掛けをキャストする方法仕掛けを竿下に沈める方法です。

 

どちらがよいかは、その日の状況などによります。

 

 

まずは、仕掛けをキャストする方法でやればよいです。

 

仕掛けをキャストして着底すれば、誘い始めます。

 

2〜3回ルアーをダートアクションさせます。

 

それほど激しく巻く必要はなく、ゆっくり巻けばよいです。

 

その後、ルアーが着底するまで誘うのをやめます。

 

このルアーをテンションフォールで沈めます。

 

着底すれば、再び同じように誘います。

 

底から20cmほど上げるイメージで、ルアーを引いてきます。

 

 

あるいは、5回ほど連続で巻いては止めるという誘い方でもOKです。

 

日によって、ヒットパターンが異なることが多いので、釣れない時はいろいろやってみましょう。

 

 

仕掛けを竿下に沈める方法をやってみてもよいです。

 

仕掛けを底まで沈めます。

 

マゴチは底付近にいますので、基本は底から50cmぐらいまでの間を攻めます。

 

誘い方は、シャクッては止めの繰り返しです。

 

 

着底してすぐに当たることもあるので、注意が必要です。

 

当たりがあれば、即合わせします。

 

マゴチは口が硬いので、すぐに合わせて、しっかりフッキングさせなければバレやすいです。

 

 

当たりがなければ、シャクる速さや引く速さなどを変えるとよいです。

 

ワームの交換も効果的です。

 

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

ホーム