ヒラメ釣り仕掛け 堤防からの泳がせ釣り

ヒラメ釣り マゴチ釣り

ヒラメ釣り仕掛け 堤防からの泳がせ釣り

堤防からのヒラメ釣り仕掛けについてご紹介しています。

 

主に泳がせ釣りが行われています。

 

泳がせ釣りとは、文字どおりエサである小魚を泳がせ、ターゲットのヒラメが食ってくるのを待つ釣り方です。

 

 

最近は、何でもルアーで釣るのが人気ですが、泳がせ釣りもまだまだ根強い人気があります。

 

ルアー釣りでは味わえない面白さがあります。

 

竿が大きく曲がった瞬間は、ある種の快感を得られます。

 

1度は試して欲しい釣り方です。

 

 

泳がせ釣り仕掛けは、次のとおりです。

 

ヒラメ釣り 泳がせ釣り

 

三又サルカンを使用していますので、エダスは上下には動きません。

 

 

竿

投げ竿や万能竿、ルアーロッド、磯竿(3〜4号 硬め)などが使われます。

 

 

 

 

 

リール・ライン

スピニングリールをおすすめします。

 

2000〜4000番クラスが望ましいです。

 

ドラグ付きを用意します。

 

ラインは、ナイロンの3〜6号を使います。

 

PEでも構いません。

 

 

 

 

ハリス・針

エダスのハリスは、2〜3号を1m前後にします。

 

親針はチヌ針5号、孫針は4号を使います。

 

狙うヒラメの大きさを考慮して、針の大きさを決めます。

 

“親針>孫針”となるようにします。

 

 

オモリ

オモリは、20〜30号を使います。

 

潮の流れなどにより、異なります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ヒラメ釣りのエレベーター仕掛け

ホーム