ヒラメの夏サーフでの仕掛けと釣り方

ヒラメ釣り マゴチ釣り

ヒラメの夏サーフでの仕掛けと釣り方

ここでは、サーフでのヒラメ釣りの中で、夏に行う釣りに関しての仕掛けや釣り方などについてご紹介しています。

 

もちろん、オールシーズン共通の情報も含まれています。

 

参考にしてみてください。

 

ヒラメの夏サーフ

 

 

夏のサーフの釣りのメリットとデメリット

夏のサーフの釣りのメリットとデメリットについてです。

 

夏のサーフは、ヒラメ釣りにとって好シーズンに当たります。

 

天気が安定していて、水温が高いのでさまざまなベイトが姿を見せます。

 

このベイトを狙ってヒラメもやってくるのです。

 

ただし、大型は高水温を避けるために沖の方へ行ってしまいます。

 

さらに、マゴチが多くなり、ヒラメが釣りにくくなります。

 

マゴチでもいいという人は別ですが。

 

台風のシーズンを迎えるので、大きく荒れることがあります。

 

 

場所にもよりますが、6月がよく釣れます。

 

ただ、梅雨の時期なので、川からの泥やごみの流入が多く見られるようになります。

 

この影響などで、まったく釣れないという日も珍しくはありません。

 

スポンサーリンク

 

 

ヒラメの夏サーフでの攻略法

ヒラメの夏サーフでの攻略法についてです。

 

狙いたいポイントは沖のカケアガリです。

 

できるだけ近くに行って、そのポイントを攻めたいというのが釣り人の心理です。

 

実は、夏のサーフはそれが可能となるのです。

 

 

夏は天気が安定しているので、波がそれほど高くなりません。

 

そのため、底に大きな地形の変化が生じにくいです。

 

釣り人は、干潮時に前に出て釣ることができるようになります。

 

前に出て釣ることができれば、ポイントが近くなるので釣りやすくなります。

 

普段は狙えないようなポイントまで仕掛けが届くようにもなります。

 

もちろん、急深サーフなど場所によっては難しいこともあります。

 

よいことばかりですが、アカエイには十分に注意が必要です。

 

 

夏のサーフ釣りには、ウェーダーライフジャケットは必須アイテムです。

 

 

 

 

夏は、できる限り沖を攻めます。

 

前に出て釣ると言っても限界があります。

 

そのため、次に考えないといけないのがルアーのチョイスです。

 

飛距離の出るルアーを使うことで、さらなる沖を狙うことが可能となります。

 

これは、非常に大きなメリットです。

 

 

では、どのようなルアーを使えばよいのでしょうか?

 

飛距離なら、メタルジグがおすすめです。

 

シルエットが小さいので、サイズ感でアピールできます。

 

 

 

飛距離と操作性の良さを兼ね備えた、シンキングペンシルもおすすめです。

 

ゆったりとしたスイングアクションなどでアピールできます。

 

 

 

メタルジグやシンキングペンシルで食わない時はワームで食わせます。

 

中距離ぐらいまでなら十分狙えます。

 

 

 

<タックル>

 

ロッドは、10フィートほどのサーフゲームに対応したものがよいです。

 

使用するルアーの重さに注意して選びます。

 

 

 

リールは、4000番のスピニングリールを使います。

 

 

 

ラインは、PEの1号を巻いておきます。

 

リーダーは、フロロカーボンの7号をセットします。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ヒラメの秋サーフでのポイントと釣り方!シーズンで異なる?

ホーム