ヒラメのサーフでの釣り方!遠浅と急深の違いは?

ヒラメ釣り マゴチ釣り

ヒラメのサーフでの釣り方!遠浅と急深の違いは?

ヒラメのサーフでの釣り方についてご紹介しています。

 

サーフと言っても、まったく同じ状況のサーフなど他には存在しません。

 

そのため、サーフの特徴をしっかり把握し、最適な道具で最適な釣り方を行わなければなりません。

 

 

サーフは大きく分けると、遠浅サーフ急深サーフとがあります。

 

その2つでは、釣り方がまったく異なります。

 

まずは、その2つのサーフの攻め方をマスターしなければなりません。

 

その後、個別のサーフでの釣り方などについて学んでいくとよいです。

 

 

遠浅サーフと急深サーフの特徴

遠浅サーフと急深サーフの特徴についてです。

 

遠浅サーフ

遠浅サーフとは、水深の浅い場所が沖の方まで広がっているサーフのことです。

 

瀬やカケアガリなど地形の変化が多く見られます。

 

離岸流や川の流れ込みなど流れの変化に富みます。

 

このような場所にも、地形の変化があります。

 

ヒラメを狙うなら、このようなポイントがベストです。

 

ヒラメのサーフでの釣り方

 

 

急深サーフ

急深サーフとは、目の前から急に深くなっているサーフのことです。

 

目に見えるもの以外の変化はほとんどありません。

 

流れの変化もあまりありません。

 

ヒラメは、足元のカケアガリにいることもあります。

 

そのため、すべてがポイントと言ってもよいです。

 

ポイントをどんどん移動しながらの釣り方がおすすめです。

 

ヒラメのサーフでの釣り方

 

 

遠浅サーフと急深サーフの釣り方の違い

遠浅サーフと急深サーフの釣り方の違いについて解説します。

 

 

遠浅サーフでの釣り方についてです。

 

まず、ミノーを使って、流れの変化を見つけます。

 

ミノーは、流れの変化を感じ取りやすいルアーです。

 

流れの変化が生じているポイントにヒラメがいるためです。

 

フローティングタイプのものを使います。

 

速めに引いてくるのがコツです。

 

ゆっくり巻いてくると見切られてしまうおそれがあるためです。

 

満潮時におすすめ!

 

 

干潮時におすすめ!

 

 

次に、流れの変化が生じているポイントが見つかれば、ジグヘッド&ワームで攻めます。

 

ジグヘッドの重さは15gと20gを使います。

 

状況により変わることがあります。

 

浅場でも根がかりが少ないものを選びます。

 

うまく誘ってワームを食わせます。

 

浮き上がりのよいジグヘッドを使う場合は、ゆっくり目でよいです。

 

 

 

 

最後に、メタルジグを使います。

 

重さは30gを使います。

 

状況によっては、他の重さを使います。

 

ミノーとジグヘッド&ワームで反応がなければ、飛距離の出るメタルジグで沖の方を探ります。

 

キャスト後、速巻きで引いて来ればよいです。

 

 

 

急深サーフでの釣り方についてです。

 

急深サーフは、すべてがポイントであると述べました。

 

ただ、何の戦略もなく、やみくもに釣るのはナンセンスです。

 

ルアーの選び方についても同様です。

 

 

まず、攻めたいのはベイトや鳥山が見られるポイントです。

 

見られなければ、足元からスタートします。

 

目の前のカケアガリや消波ブロックなどが好ポイントです。

 

ジグヘッド&ワームで広範囲を探っていきます。

 

どこにでもヒラメがいる可能性があるので、探りながら食わせるという形を取ります。

 

ベイトの存在や流れの変化を感じとったポイントがあれば、より軽いジグヘッドでゆっくり引いてくるとよいです。

 

ジグヘッドは、遠浅サーフで使ったものと同じでよいです。

 

 

次に、メタルジグを使って探ってみます。

 

メタルジグの方がより遠投できるので、沖の方を探ることができます。

 

同じく、ベイトの存在や流れの変化を見つけます。

 

メタルジグは、遠浅サーフで使ったものと同じでよいです。

 

 

最後に、強い波動で誘ってみます。

 

ジグヘッド&ワームとメタルジグで反応がなければ、アクションでアピールします。

 

幅広いポイントをリフト&フォールで誘います。

 

リフトでアピールして、フォールで食わせます。

 

テンションフォールで小さな当たりも見逃さないようにします。

 

 

 

それぞれのルアーをただ巻きか、リフト&フォールで引いてくるのが基本です。

 

ただ巻きは、巻くスピードに変化を付けるとよいです。

 

リフト&フォールは、リールを巻く回数を変えることで、底からの高さや移動距離に変化が付くので効果的です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ヒラメのサーフでのメタルジグによる釣り方

ホーム